利点を把握する

窓ガラスをコーティングするとは

冬、暖房で温められた気温は窓ガラスを通って外に逃げます。住宅にとって窓は必要ですが、冷暖房器具の効率という面においては、窓ガラスは少し厄介なものだと言えます。また透明なガラスであるが故に、昼間は日光が室内を照らすことで明るくしてくれますが、お気に入りの家具やフローリング、カーペットなどが、日光に含まれる紫外線によって色褪せたり傷んだりしてしまいます。従来はこのような不都合を解消するために、ガラスそのものを遮熱性の高い物に交換したり、遮熱フィルムを貼ることで対応していましたが、かなりコストが掛かっていました。コーティングならばガラス交換やフィルム貼り付けよりも安くできますし、フィルム特有の継ぎ目や、歪み、熱による糊の劣化、フィルム自体の劣化による割れなどが解消されています。

施工を依頼する時の注意点

窓ガラスのコーティング材は各社から様々な種類が発売されており、紫外線カット率や遮熱効果、耐久性、傷のつきにくさがそれぞれ違います。さらに施工業者によって取り扱うコーティング材は違いますし、施工方法もスプレーガンによる吹き付けや、上から垂れ流したり、大きめのスポンジで塗り伸ばしたり、スポンジローラーを使用した塗り方だったりと、仕上がり具合も様々です。コーティング材の違いは細かい性能までこだわるとキリがないので、遮熱効果や紫外線カット、傷のつきにくさに納得できる範囲としておいて、あとは値段や近くの施工業者が取り扱っているかで決めれば良いでしょう。窓ガラスコーティングで最も注意したいのは、施工業者がどのくらい丁寧な仕事をするかです。大事なご自宅の窓ガラスを施工してもらうのですから、ガラス部分以外が汚れないようきちんとマスキングを施すのは当然ですし、具体的な作業内容について丁寧に分かりやすく説明してもらえる業者を選びたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加