外気を遮る

せっかくの省エネ型のエアコンも外気の浸入を許してしまっては

リビングではいかにして、外気を遮るかが大切になります。一般的な住宅において外気の浸入が最も多いのは窓ガラスです。リビングには、大きく窓ガラスをとっている家庭も多いのではないでしょうか。グリーンカーテンや、よしずで日光を遮っている方も多いようです。効果はあるようですが、室内が暗くなってしまいます。そのため昼間でも照明をつけなければならならず、電気代を浮かせるつもりが、本末転倒になりかねません。明るさはそのままで、熱の浸入を防ぐ方法はないのでしょうか。

窓ガラスコーティングならストレスフリー

窓からの熱の浸入を断つ方法として、少し前までは遮熱フィルムが一般的でした。確かに効果はありますが、フィルムの耐久性は5年程度です。傷がつきやすく、窓掃除の際には傷をつけないように慎重に行わなければなりません。耐久性や扱いにくさを考えると、決してコストパフォーマンスが高いとは言えませんでした。しかし今、もっとも注目を集めている窓ガラスコーティングならコストパフォーマンスは最高と言えるでしょう。コーティングは、フィルムよりも価格が安いにも関わらず、耐久性は10年以上あり、傷がつきにくくなります。紫外線の9割以上をカットし、室温を上げる原因の赤外線の半分以上をカットします。コーティングしても明るさはかわりません。明るさはそのままで、紫外線と熱だけ遮断してくれるという、まさにいいとこどりの窓ガラスコーティングをして夏の電気代を節約しましょう。施工も数時間で完了します。施工が混み合う前に、窓ガラスコーティング業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加